お客様の音。

演出・池田美樹です。

玄海こらぼvol.2「道太郎、きづな万葉」、無事終了しました。
ご来場頂いた皆様、応援して下さった方々、
本当にありがとうございました。
心配した集客も2回とも「大入り」となり、
出演者一同、賑やかな客席にとても支えられました。

こらぼの目的はいくつもありますが、
そのひとつが「片岡演劇道場」に足を運んで頂くこと。
繁華街から少し離れた場所ではありますが、
熊本で唯一、「365日芝居を上演」している芝居小屋。
食べながら飲みながらしゃべりながら、
「楽しむため」にしつらえられたあの独特の空間を堪能して頂きたく、
そして今年も、
上演中のせりふや音楽に混じって、
ビールを開ける音・お菓子の包み紙の音、
笑い声・鼻をすする音を聞けたのは、至福の喜びでございました。

今回のせりふにもありましたが、
泣いて怒って笑っていただく。それが叶えば演者は、うれしい。
その、シンプルで超・基本の構図を改めて肝に銘じました。

個人的にはキンキラ一太さんとの出会いが大きな収穫のひとつでした。

「テレビもイベントも楽しかばってん、俺ぁやっぱ舞台がいちばん好きです」

県内あちこちのお祭りごと神社や商店街に舞台が掛けられ、
にわかが上演されていた時代がありました。
私自身も、藤崎宮の例大祭・夜の社務所前の舞台で、
ばって荒川さんがおよねばあちゃん姿で飛び跳ねてらっしゃった姿を、
おぼろげながら覚えています。

あんな時代を再び!
と願えるのかどうかわかりませんが、
一太さんたちの技術と魂の熱さ・確かさはすごかです。

昨年の清和文楽同様、
今年も誇りに思う「熊本の演劇」とひとつ、出会うことが出来ました。
絶対また、いろんな形でいろんなところで。

また連日稽古場に通い、
日々稽古と質問を重ね続けて下さった河合麗子アナウンサー(熊本県民テレビ)のガッツは本当に驚きでした。
「番組レポーター」という「お仕事」なのに、
ぐいぐいと現場に食い込み、語り込み、「一員」となって行かれる姿勢。
報道魂。いや、麗子魂。
ひと仕事終わったとき「その現場に友達が出来ている」ってすごい。
熱い「麗子魂」は、
勝手に人との距離を決めてしまいがちな私のがちがちの頭を突き崩してくれました。

大衆演劇・肥後にわか・小劇場のこらぼ。
川津羊太郎君の脚本。
「当日しかやりません@玄海さん」の場面がふたつ(^^;)。

普段の公演とは違う期待や緊張が入り混じるこらぼ。
準備や手間は倍ですが、
発見や収穫物は四倍・しばい。

今後も玄海さんとワイワイ語りつつ、
いろんなかたちで継続して行きたいと思います。

引き続き気に掛けて頂けたら嬉しかです。

そして皆様、どしどし「出演側」に☆☆☆

??????????????

公演終了しました

eeDSC_1552
事務局の古殿です。

玄海こらぼ劇場vol.2「道太郎、きづな万葉」
おかげさまで9/26(金)に
2回の公演を無事終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、
本当にありがとうございました。
お一人お一人のご来場と声援・拍手が
キャスト・スタッフに大いに力を与えたと思います。

また、様々な形でお力を貸して下さった皆様、
この場を借りて改めてお礼申し上げます。

ゲストの皆様、エキストラの皆様も
本当にお疲れ様でした。
舞台に華を添え、また大いに盛り上げていただきました。
ご参加ありがとうございました。

今後もこの企画を息長く続けていけるよう、
引き続き応援をよろしくお願いいたします。

薔薇の毒棘☆

演出・池田美樹です。

写真は玄海劇団若座長・沢村菊乃助丞!

舞台では息を飲むほど艶やかあざやか…なんですが、
「素」のときはいつもこんな感じ(^^;)
かたくなに花のかんばせを撮らせてくれません(笑)

てかTシャツの文字…(゚-゚;)(゚-゚;)

今回の「道太郎、きづな万葉」では、
クールで毒舌な花形役者「薔薇乃助」を演じます。

薔薇様の毒気にあてられたい方々は、
是非花道寄り・前方のお席を…!(推奨)

20140923230528

交通機関のご案内

事務局の古殿です。

片岡演劇道場への交通情報です。
バス・電鉄は事前に時間をご確認いただくのをオススメします。
当日はどうぞお気をつけてお越し下さい。

■自家用車
駐車場(無料)混雑が予想されます。
駐車できる台数も多くありません。
時間に余裕を持って、お早めにご来場下さい。

■バス+徒歩
・電鉄バス(行先番号:壺2「高平南公園行」)
・【稲荷山】で下車
・1時間に1本程度

◎【交通センター】→【稲荷山】の時刻表
こちらをクリック

◎【稲荷山】→【交通センター】の時刻表
こちらをクリック
※最終が20:54発なので、
 19:00公演終了後は乗車できるバスがない可能性がございます。
 その場合は下記の【北熊本】バス停からのバスをご利用下さい。
 (23:08が最終)

■バス+タクシー
・電鉄バス(行先番号:北1~5)
・【北熊本】で下車
・10~15分に1本程度
・北熊本駅から会場まではタクシーで1メーター程度
・徒歩15~20分程度

◎【交通センター】→【北熊本】の時刻表
こちらをクリック

◎【北熊本】→【交通センター】の時刻表
こちらをクリック

■熊本電鉄(菊池線)
最寄駅:北熊本駅
・北熊本駅から会場まではタクシーで1メーター程度
・徒歩15~20分程度

◎地図(参考にご覧下さい)
片岡演劇道場周辺地図

インプロと大衆演劇。

演出・池田美樹です。

「インプロと大衆演劇はかなり似ているのかもしれません」。

福岡・東京で演劇活動をしている春野早苗さんというお嬢さんの言葉。
「こらぼ」の稽古独特のアドリブについて話していたときのことでした。

インプロ=インプロヴァイゼーション、
つまり「即興」のこと。
「形式による制約よりも、演奏時・演舞時の知覚を優先とするもの」@WIKIpedia

なるほど!
お客様と物語と相手役、
その瞬間にいちばんふさわしい言動を、直感でつむぎ出す。
こらぼをやるごと「演劇」と「芝居」の違いについて考え続けているのだけど、
早苗ちゃんのひとことに、
ひとつキーワードをもらったような気がしました。

そして「道太郎」。
いよいよ稽古も佳境。

昨日は粗々の通しをやりました。
劇場独特の空気に圧されていた小劇場の皆も、ここに来てかなり楽しそうに。
皆の中で、玄海さんや一太さんのアドリブが、
「緊張」から「期待」に変わりつつあります。

……いや、まじであんまり観たことのないものが仕上がっている。
…のでは?(^^;)

中でも玄海さんが「本番しかやりません」とおっしゃる、
道太郎と実の父(玄海さん)の名乗りの場面。
昨夜もぞぞっと震えました。

「俺が○○と言ったら、そのときの気持ちで応えて。
そして最後は俺を呼んでみて。呼び方はキミに任せるから」

その発想と空気。
演出家と役者が共存しているのが、
大衆演劇や歌舞伎の「長」の方の特徴なんだろう。

あの空間で稽古できるのがおもしろくて仕方がない。
常識も方法も違うものたちが、「違和感を好奇心に変える」。
それがコラボレーションなのだと改めて。

あと4日。
違和感と好奇心を存分に研いで。

皆様是非、
「その場で生まれる言葉」を体感しにいらして下さい。

「玄海こらぼ特集・第二弾」@テレビタミン

池田美樹です。

明日9/24(水)は、
テレビタミンで「玄海こらぼ特集・第二弾」が放送されます。

8月放送された第一弾からひと月、
みんなの成長ぶりをご覧下さい。

お時間ある方、是非☆☆

「テレビタミン」@熊本県民テレビ(16:45~19:00) 

河合アナウンサーブログ

ccDSC_0697
事務局の古殿です。

今回ゲスト出演して下さる、
KKTの河合麗子アナウンサーが
「アナウンサー日記」にこらぼ劇場のことを
書いて下さいました!

◎くまもと県民テレビ アナウンサー日記
 河合麗子アナウンサーのページ
http://www.kkt.jp/announcer/anna2/index.html

河合さんの目線で
こらぼ劇場の魅力やみどころなどご紹介下さっています。
是非ご覧下さい。

私たちも河合アナウンサーに
いつも明るい元気をいただいてます。
本番の舞台ご一緒できるのがとてもとても楽しみです。

9/19 小劇場チーム稽古(おまけ)

事務局の古殿です。
9/19(金)小劇場チームの稽古のおまけ。

稽古レポートの写真で気付かれた方もあると思いますが、
今回、農村の風景を描くシーンで牛が出てきます。
衣装もあります。
aaDSC_0819
写真ではわかりにくいかも知れませんが、
ちゃんと尻尾もあります。

なんとも愛嬌のある顔であります。もぉ~ぅ
aaDSC_0818
牛役(!)の役者さんに聞いてみると、
とってもあたたかいのだそうです。
冬の部屋着に是非!(というか、そっちが本来の用途)

大衆演劇にはない演出なんではないかと思いました。
肥後にわかだったら有り得るでしょうか?
今度、玄海さんや一太さんに聞いてみたいと思います。

9/19 小劇場チーム稽古@きらら

事務局の古殿です。
9/19(金)小劇場チームの稽古@きららより
物語導入部の稽古の様子をレポートします。

道太郎の出身地は熊本の山の奥深くの村。
みんなでその農村の風景を描きます。
aaDSC_0695
草を干している人、畑を耕している人、牛を引いている人、
遊んでいる子どもたちや子どもをあやしている人などなど。
こんな演出は、小劇場ならではかも知れません。
舞台をご覧になっているお客様にも一緒に
村の風景を見ていただけたら嬉しいです。

そこに、セーラー服時代の道太郎の母と
彼女にメロメロな男子高校生たちが登場。
彼女がくしゃみでもしようものなら、
aaDSC_0742

押し合いへし合いの大混乱。
(母は周囲の様子には気付いておらず)
aaDSC_0756

こちらで大混乱しているのは、道太郎の母の両親。
道太郎を孕んだ娘をどうするかで二人でパニック。
aaDSC_0782
両親を演じるのは
池崎友紀(まるぶん)と北村 茜(with a clink)。
息の合った喧々諤々っぷりを見せてくれます。

無事に道太郎を出産した母。
「道太郎」という名前には
大きな思いが込められていました。
aaDSC_0802

そうして生まれ育った道太郎と彼の悪友。
母の願い通り、道太郎は実直な人物に成長しますが、
その実直ぶりが逆に周囲の笑いを誘います。
aaDSC_0809

稽古も追い込みの時期にきて、
物語がまさに立ち上がってきたように思います。
文字で書かれた脚本の世界を
役者たちが自分たちの身体で三次元に作り出し、
その中で生き始めたように感じました。

玄海さんや一太さんの経験値には到底及びませんが、
小劇場チームもこうして緻密な稽古を積み重ねて
臨んでいきたいと思います。

艶姿。

池田美樹です。

もいっちょ追加!

みどころのひとつは、
毒舌花形役者「肥國薔薇乃助」を演じてくれる沢村菊乃助君の艶姿。

ニコニコ動画で七万再生を超えた、この名作を、
是非に、ぜひにご覧下さい。

…これ、男性です。
……熊本在住。
………誇りです。

枕屋(→菊乃助君の別名)
即興で踊ってみた。「傷林果」