9/19 小劇場チーム稽古@きらら

事務局の古殿です。
9/19(金)小劇場チームの稽古@きららより
物語導入部の稽古の様子をレポートします。

道太郎の出身地は熊本の山の奥深くの村。
みんなでその農村の風景を描きます。
aaDSC_0695
草を干している人、畑を耕している人、牛を引いている人、
遊んでいる子どもたちや子どもをあやしている人などなど。
こんな演出は、小劇場ならではかも知れません。
舞台をご覧になっているお客様にも一緒に
村の風景を見ていただけたら嬉しいです。

そこに、セーラー服時代の道太郎の母と
彼女にメロメロな男子高校生たちが登場。
彼女がくしゃみでもしようものなら、
aaDSC_0742

押し合いへし合いの大混乱。
(母は周囲の様子には気付いておらず)
aaDSC_0756

こちらで大混乱しているのは、道太郎の母の両親。
道太郎を孕んだ娘をどうするかで二人でパニック。
aaDSC_0782
両親を演じるのは
池崎友紀(まるぶん)と北村 茜(with a clink)。
息の合った喧々諤々っぷりを見せてくれます。

無事に道太郎を出産した母。
「道太郎」という名前には
大きな思いが込められていました。
aaDSC_0802

そうして生まれ育った道太郎と彼の悪友。
母の願い通り、道太郎は実直な人物に成長しますが、
その実直ぶりが逆に周囲の笑いを誘います。
aaDSC_0809

稽古も追い込みの時期にきて、
物語がまさに立ち上がってきたように思います。
文字で書かれた脚本の世界を
役者たちが自分たちの身体で三次元に作り出し、
その中で生き始めたように感じました。

玄海さんや一太さんの経験値には到底及びませんが、
小劇場チームもこうして緻密な稽古を積み重ねて
臨んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">