劇団きららについて

劇団きらら プロフィール

85年に代表池田美樹を中心に結成。以降、熊本市を中心に活動。
一貫して代表池田美樹のオリジナル作品を上演。作品の多くは作・演出を担当する池田が現代社会に着想を得たもので、独自の視点で現代劇を数多く生み出している。稽古でエチュード(即興劇)を重ね、役者の口から出る生の言葉を作品に取り入れる手法が特徴。舞台ではコートハンガーや脚立などの無機物と役者のマイムとで劇場内にあらゆる空間を自在に作り出す。

また、演劇をツールとして活用した“自己表現ワークショップ”も展開中。ゲーム形式で楽しみながら、自然にコミュニケーション能力を培い、自己表現力を高める内容が企業や学校、生涯学習の分野で好評を得ている。
イベントやCM出演等の活動も多数。現在、団員5名。

撮影:marroo
95年福岡『イムズ芝居95』 にて 最優秀賞を受賞。定期公演の場を福岡にも広げる。
02年初の東京公演を行なう。
03年小劇場演劇祭「アリスフェスティバル03」において、最優秀賞である「アリス賞」を受賞。
04年中国・上海戯劇学院「小劇場国際演劇祭」に招聘される。
05年第1回熊本リージョナルシアター上演劇団に選出される。
10年福岡市の小劇場のメッカ・ぽんプラザホール10周年記念「福岡・九州地域演劇祭」にて、飛ぶ劇場(福岡)・こふく劇場(宮崎)とともに九州を代表とする劇団として選出・招聘される。
13年よこしま朗読部会の「よこしま物語Ⅱ~潮の向こうに~あげひばりの空~」(作・演出:池田美樹)が第2回「くまもと文化の力大賞」コンクール大賞受賞
14年「踊り場の女」(2013年上演)第14回AAF戯曲賞最終候補作ノミネート
15年劇団だるめしあん(東京)主催によるイントロデューシング公演に招聘される。
15年「ぼくの、おばさん」(2014年上演)が平成27年度希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」優秀賞受賞。
同年同作品が2015年佐藤佐吉賞(王子小劇場)の作品・主演女優賞の各部門にて優秀賞受賞、戯曲部門にて最優秀賞受賞。